ひとり不動産・健康学会(書評ブログ)

不動産書籍と健康書籍の書評を書きます。

タグ:築古



要点
◯体験談・運営方法が多い印象
◯本文の半分が加藤氏の弟子筋
◯最初から100万円の一等地が買えるわけではない
◯文体がチャールズブコウスキー(60〜70年代アメリカ)

注意点
◯雪国の建物はその他のエリアと構造・耐久性が違う


元ハリウッド俳優だった加藤氏は、
スパイ小説をもじった独特の文体で知られる
北海道のカリスマ不動産投資家で、
築古物件のパイオニアの中の一人です。

そんな彼の著作の中でも比較的新しい本作は、
主に体験談・運営・客付けに関して書かれており、
中でも加藤氏の弟子筋の記述が多くありました。

鬼のような指値(商標登録申請中?)は、
彼のトレードマークですが、それについてはあまり書かれていません。



驚いたことは、
彼のお弟子さんの購入までの遅さ。

加藤さんのお弟子さんだからサクッと、
すぐ不動産投資を始めるかと思いきや、

読んでみると結構、みなさん1年ほどの勉強時間を設けています。
それだけ、築古物件の見極めというのが「難しい」というのがわかります。

私自身、本書を読んで改めて思ったのですが
北国は基本、建物の建て方が関東とは違います。

つまり、10万で買った築30年の物件でも、
関東の400万の築25年の物件より、おそらく
はるかに耐久性があり、メンテナンス性も高いということ。

これは注意点です。

なので、もし他のエリアで不動産投資を検討して本書を買われる方は、
鵜呑みにせずに、使えそうな要素だけ注意深く引き出す必要があります。


それでも。。。。。

本書はめっちゃためになってしかも面白いです!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



要点を箇条書き
◯立地・建物状況で利回りは5%〜10%増減する
◯築古物件はいつか若返らせる必要がある
◯利益率が高くても物件のストレスが高ければ破綻のリスクがある

本書が向いている人
◯高利回りで回しているのに不安がつきまとう人
◯溜まったキャッシュフローをどう扱っていいかわからない人
◯物件が高騰し、悪い時期に買ってしまった人


本書は、おそらく日本で最長の部類に入る
サラリーマン不動産投資家による著書である。

沢さんが一味違うところは、
不動産の規模をあまり大きくしないで、
長期的な運営をしていること。

同時に、長期間市況を見極め、
様々な不動産投資家の転落を見てきたことだろう。



沢さんは、13年の楽待DVDにトップバッターの講師として登場するなど、
パイオニアとして今でも評価が高い。
楽待の代表取締役でもある坂口 直大さんが、
当初、楽待を運営する時に多くの師事を仰いだ人物としても知られる。


そんな彼が、非常に実験的な著書を書いた。
それが同書である。

一切の具体的なノウハウを書かずに、
まるでオムニバス映画のように本書のストーリーは流れる。

築古物件を買い求めるAさん、大型RCを買う高属性のBさんを主人公に、
その周辺の銀行担当者、不動産業者、リフォーム業者などが
まるで生のセリフ、特に心の内側を吐露する形でページが進むのだ。

これは、何度も危機を乗り切ってきた
投資家にしかできない著書である。

本書は、そのような実験的な進行で、

「銀行、成功大家、仲介業の誰もが言わない不都合な真実」

をメインに、不動産投資の「リスク」を語り切る。

そして、そのあとに、
自分がどうすべきかを読者に内在的に提示する。


売れてないが、とんでもない書籍である。
読むのに時間がかかるものの、
誰よりも優位に立ちたい人には絶対読んでほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



築古戸建といえばこの人と言える小嶌大介さん
関西のメガ大家といえば、岡田のぶゆきさん。
二人のジョイント本です。

不動産業界では非常に珍しい。

要点箇条書き
◯関西エリアでの話だが、戸建再生に関しては全国的にOK
◯小嶌さんの面倒な貸主経験談が良い
◯今では会費1年間40万円の小嶌さんのビンテージクラブの成り立ちが書かれている
◯小嶌さんの脱サラ、家族ぐるみの不動産投資に関して単著より詳しい


本作はタイプも経験も全く違うお二人の共著。
ただ、どちらかといえばメインは小嶌さん。
岡田さんはフォロー役と言った感じです。

小嶌さんはまだこの時経験が浅く、融資もほとんど受けたことがないようです。
そのため、築古戸建や貧乏家族による再生エピソード以外は、
プロの不動産賃貸業をやっている人からみたら危なっかしい感じの記述もあります。

そこで、岡田さんがフォローを入れます。
また、不動産屋さんとの正規の付き合い方を述べつつ、
小嶌さんのイレギュラーな業者との付き合い方に対してフォローします。

個人的な見所は小嶌さんのクレーム貸主と、
何と言っても小嶌の100万円と半年をかけた一棟目のエピソード。

小嶌さんは単著をこの後書かれて、そこにも同じことが書かれていますが、
それよりはこちらの方が臨場感があります。
まだ日がそれほど経ってなかったというのもあるでしょう。
それに加え、何だか初々しい小嶌さんが光って見えます。

この本は、ビンテージクラブというややキラキラ大家になりつつある、
大御所の小嶌さんの、「あと一歩」を踏めない大家予備軍へ向けた著作です。

いい意味でも悪い意味でもこの後、彼はこのスタンスではなくなります。
そういう意味で、未経験者や経験が浅い方にオススメです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



◯築古戸建てだけ。無駄な情報がない
◯衝撃的で面白い
◯購入方法、考え方が実践的
◯1歩目を踏み出せない人向けの書籍最高峰
◯地方向け書籍だが、都内在住でも実家が地方の人も対象としている

緑のつなぎで楽待のコラムや動画に多数出演し、
不動産大家さんの中でも全国1、2を競う有名人、広之内さん。

ネット上では多くの人々に呼び捨てにされ、うざがられていますが、
彼ほど親身に新米大家さんの面倒を見てきた人はいないでしょう。

7000万円の借金を抱え、妊娠中の嫁さんにストレスで下血させつつ、
家から飛び出して海岸まで逃亡し、行方不明になるという書き出しで始まります。

しかし、この本は第1棟目を購入して賃貸経営に踏み出させるための、
多くのノウハウに満ちています。

例えば、都内に住んでいる人でも帰省時に、
物件費用100万円+リフォーム50万円で物件を探す極意が書かれています。

また、リフォーム業者やホームインスペクター(物件瑕疵測定)を入れずとも、
たった一人で乗り込んでいって、家を見れるように
写真付きで家の土台、壁、シロアリなどの見方も書かれています。

心得に関しても、他の書籍にはなかなかないレベルのもの。

勢いをつけるだけではなく、ノウハウ本としても、
築古戸建てに限定しただけあってかなり優れた記述があります。

優良本。買ったら手元におきたい本です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ