ひとり不動産・健康学会(書評ブログ)

不動産書籍と健康書籍の書評を書きます。

タグ:新川義忠




◯不動産仲介業者と長く付き合う、ということがわかる
◯世間の悪評に仲介業者が自ら答える
◯仲介業者は信用できない、を仲介業者ととことん考える


先日、かなりチャレンジングな番組が
不動産投資サイト「楽待」にて公開された。

本書の著者である新川氏が、5つの物件を持ち込み、
6名の有名不動産投資家に提示して公開買付けをするという試みだ。
1日目はスタジオ収録で5つの物件を2つに絞る



2日目は実際に物件を見に行くというもの


無事に公開買付けが入ったものは、
モザイク無しで動画放送されるという、
不動産投資家と仲介業者のインサイドワークを、
タブーを無視して公開。

これは相当な仲介業者の力がないとできないことだとわかる。


で、感じで本書の話題に戻る。

同書は「クリスティ」「富士企画」という
いわゆる「正直不動産」スタイルで、
反響営業のみを行う「売らない営業」を確立した、
新川氏の最新刊である。

今回のテーマは、彼と有名大家の馴れ初めと、
その長期的な共同作業である。

中でも、楽待の大御所不動産投資家、
中島亮さんとのエピソードなど、盛りだくさん。
1501119418k1


もちろん、彼も不動産業者であるので、
全部を全部信じてはいけないが、
それでもあえて彼の主張を羅列してみる。

◯融資は購入が確定的でも銀行に迷惑が掛かりそうならキャンセルするべき
◯仲介業者と親しくなければ「瑕疵担保保証」などの交渉は難航する
◯仲介業者が投資家の性格が不動産業に向いてなければ、撤退を促すべき

これらは、14人の投資家たちとの会話で
語られるいわゆる新川式の仲介特性だと言える。

ただ、最近はかなり権威性が増してきているので、
同社は「気に入った顧客しか相手にしない」という感じなっている。

そして、私の懸念としては、
今後、この「新川式『正直不動産』仲介」のやり方で、
詐欺業者も続出するのではないかということである。

現に、ちらほらそのような噂を聞く。
市況が悪くなってきているので、
不動産業者も立ち位置を変化させて顧客に近づかなければならない。

よって、本書をストレートに読むというよりは、
これからの仲介業者のマインドを読み解くという意味で、
「半分面白がりながら」読むことをオススメする。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



こちら、幻冬舎メディアコンサルティングからの出版ですので、
おそらく、典型的な自費出版かと思われます。
アマゾンのレビューも実に怪しく、
五つ星をつけているのは、ほとんどが名無しレビューアー。
やばい匂いがプンプンします。

ただ、この本を書かれている新川さんなどを要する
新宿四谷で事業を展開されている「富士企画」は、
ほぼ無料で新人不動産投資家を育て、彼らからの仲介料で事業を行っている会社。
私の周りでも、何人かここで学んだ投資家がおり、
特に女性投資家を育てることで知られています。

まあ、ほぼ無料である限り、
自費出版で権威性を得てそれを使うのは、
いいかなあ、と思います(ただ、この後凶暴化することも無いことはない)。

要点箇条書き
◯地方大都市、都内で常識となっているワナを数多く解説
◯不動産の手法に関しては普通のことしか書いてない
◯内容が普通なので、他の本でズレた軸を本書で調整できる

例えば、他の本では宅建業の免許番号が(1)など若いと怪しいとよく書かれ、
だから免許番号が若い業者とは組まないようにする!などと結ばれています。

実は本書を読むと、事業における「エリア替え」「市→県などの拡大」
などをすると、ずっと続いていた(9)なども(1)にリセットされるとのこと。

つまり、私もこの記述をまことしやかに書いている本を多く見るのですが、
そういうベーシックな事項の嘘を見抜いて書いてあります。

また売却時の「囲い込み」、買い付けが入っても無視したり、
この物件は交渉中です。と、他の買い付けをはねのけて、
物件をわざと塩漬けさせ、売主を不安にさせて価格を下げる行為ですが、
これらに関しては、むしろ大手不動産会社の方が多い、と書かれています。

実際、本書が出てから巷のニュースでもこの記述が見られるようになりました。
おそらく経験豊富な業者が語ったからこそ世に出たニュース。
そういう情報が、本書にはたくさん書かれています。



ただ、一方不動産のリフォーム、売却に関しては、
実に一般的なことしか書いていません。
そしてそれは間違いではない。

そう、つまりは、この本は他の本にある
「奇抜で効果ありそうなスキーム」
を、一切書かず、不動産投資が「再現性の高い」緩い業界だということを
切実に書いており、あとは「人間性」で勝負できる。
嘘つきになって、嘘合戦にならなければ、
またはそういう環境を作らなければ、なんとかなる、
ということが書かれています。

全体的に、読む人によっては拍子抜けするかもしれませんが、
今まで読んだ知識、実践知識を改めて見直すものだと
考えて読むと、なかなかいい本だと言えるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ