要点
◯体験談・運営方法が多い印象
◯本文の半分が加藤氏の弟子筋
◯最初から100万円の一等地が買えるわけではない
◯文体がチャールズブコウスキー(60〜70年代アメリカ)

注意点
◯雪国の建物はその他のエリアと構造・耐久性が違う


元ハリウッド俳優だった加藤氏は、
スパイ小説をもじった独特の文体で知られる
北海道のカリスマ不動産投資家で、
築古物件のパイオニアの中の一人です。

そんな彼の著作の中でも比較的新しい本作は、
主に体験談・運営・客付けに関して書かれており、
中でも加藤氏の弟子筋の記述が多くありました。

鬼のような指値(商標登録申請中?)は、
彼のトレードマークですが、それについてはあまり書かれていません。



驚いたことは、
彼のお弟子さんの購入までの遅さ。

加藤さんのお弟子さんだからサクッと、
すぐ不動産投資を始めるかと思いきや、

読んでみると結構、みなさん1年ほどの勉強時間を設けています。
それだけ、築古物件の見極めというのが「難しい」というのがわかります。

私自身、本書を読んで改めて思ったのですが
北国は基本、建物の建て方が関東とは違います。

つまり、10万で買った築30年の物件でも、
関東の400万の築25年の物件より、おそらく
はるかに耐久性があり、メンテナンス性も高いということ。

これは注意点です。

なので、もし他のエリアで不動産投資を検討して本書を買われる方は、
鵜呑みにせずに、使えそうな要素だけ注意深く引き出す必要があります。


それでも。。。。。

本書はめっちゃためになってしかも面白いです!!!