要点を箇条書き
◯立地・建物状況で利回りは5%〜10%増減する
◯築古物件はいつか若返らせる必要がある
◯利益率が高くても物件のストレスが高ければ破綻のリスクがある

本書が向いている人
◯高利回りで回しているのに不安がつきまとう人
◯溜まったキャッシュフローをどう扱っていいかわからない人
◯物件が高騰し、悪い時期に買ってしまった人


本書は、おそらく日本で最長の部類に入る
サラリーマン不動産投資家による著書である。

沢さんが一味違うところは、
不動産の規模をあまり大きくしないで、
長期的な運営をしていること。

同時に、長期間市況を見極め、
様々な不動産投資家の転落を見てきたことだろう。



沢さんは、13年の楽待DVDにトップバッターの講師として登場するなど、
パイオニアとして今でも評価が高い。
楽待の代表取締役でもある坂口 直大さんが、
当初、楽待を運営する時に多くの師事を仰いだ人物としても知られる。


そんな彼が、非常に実験的な著書を書いた。
それが同書である。

一切の具体的なノウハウを書かずに、
まるでオムニバス映画のように本書のストーリーは流れる。

築古物件を買い求めるAさん、大型RCを買う高属性のBさんを主人公に、
その周辺の銀行担当者、不動産業者、リフォーム業者などが
まるで生のセリフ、特に心の内側を吐露する形でページが進むのだ。

これは、何度も危機を乗り切ってきた
投資家にしかできない著書である。

本書は、そのような実験的な進行で、

「銀行、成功大家、仲介業の誰もが言わない不都合な真実」

をメインに、不動産投資の「リスク」を語り切る。

そして、そのあとに、
自分がどうすべきかを読者に内在的に提示する。


売れてないが、とんでもない書籍である。
読むのに時間がかかるものの、
誰よりも優位に立ちたい人には絶対読んでほしい。