不動産投資家の間でこの商材に関して、
とても話題になっているので、
取り上げることにしました。

要点箇条書き
◯他人に相談できない問題がある人向け
◯引っ込み思案、内弁慶を改善したい人向け
◯本よりはCDのほうが良い
◯技術も最先端ではないがこの分野では安価である
◯私はあまりなじまなかった
◯だが、成功している不動産投資家の多くは確かに聞いている

本商材は、私個人的には全然効果がありませんでした。

おそらく、それは私が、詳細を述べるのは避けますが、
例えば、名門国立大学の大学院で修士号を持っていたり、
国際交流基金的な助成で留学したり、
そこそこ社会的な成功をしている人間であったことが、
あるからかもしれません。

ただ、聞いていると、私の周りの不動産投資家が、
このCDを勧めあい、共有しているのがわからなくもありません。

この分野は、学問的に「コーチング」という分野に入ります。

世界的な権威は米国グリーンベレーなどの
プログラムを作ったことで知られる、
ルー・タイス。
また、日本ではオウム事件で、
警視庁とともに洗脳解除を行った、
苫米地英人あたりだと思われます。





いわゆる、アファメーションを高めるというための
教材で、使われている技術は
アメリカのセールスマンの間で流行となった
90年代から2000年代初めの技術を、
日本の資産家のためにアレンジした商材だと思われます。

苫米地英人さんやルー・タイスの書籍は、
正直、日本ではそれほどヒットしていません。

それに対して、型落ちとはいえ、
スキナー氏の商材は日本の資産家にはかなりの浸透度があり、

あくまで日本では最先端の技術というよりは、
オーソドックスな技術の中の、
「感情的な面でローカライズ」されたものが必要で、
かつ、結果につなかったということだと言えます。

CD前半の健康に関する情報は、
医学系の編集者である私から見て、
かなり怪しいものが多いです。

ですが、自分を奮起させたい、
豊かになりたいと、いう欲望を持ちつつ、
周りの人にそれを相談できない人や
自分の希望を支えてくれる人がいない、
という人には、かなりの効果は期待できるかもしれません。