ひとり不動産・健康学会(書評ブログ)

不動産書籍と健康書籍の書評を書きます。

カテゴリ: 糖尿病

前回に日記の続きです。
http://blog.livedoor.jp/hormesis_/archives/79588432.html

ホルミシス療法を続けながら、
ようやくゲルソン療法にたどり着いた私ですが、
ここからもしばらく苦労は続きます。

そりゃそうです。
どちらもすぐに結果が出る治療法ではありませんからね。
ただ、効果に関して言えば、放射線ホルミシス療法が、
即効性はあります。


この頃、おそらく2012〜2014年頃の私はどうだったかというと、

まずホルミシス療法の効果ですが

回復状態
◯細かな血栓が溶解
◯頻尿が少しづつ改善していく(1時間弱に一度→90分に一度)
◯様々なアレルギーが一気に治る(甲殻類、花粉など)
◯激やせ(75→42キロ)が止まる
◯血尿が止まる
◯冷え性が改善
◯歯槽膿漏が改善(これは瞬時に。歯茎に亀裂が入っていた)

副作用
◯常に身体中の血管がミシミシ言う
◯時々大きな血栓がバンと取れることで、体全体の血流が狂う
◯元々弱かった肺が慢性的にこる
◯足の裏の皮が激しく向け始める
◯夜、変な夢を見る(ホルミシス療法を半信半疑でやっていたためだと思う)
◯ホルミシスグッズを外すと短期間で低血糖になる

ホルミシス療法の装着を外すと、
この頃はまだ体が安定しないためか低血糖に陥りやすくなり、
外泊時に銭湯や共同風呂に入る時には困っていました。
不安で不安で仕方がない。

あと、ホルミシス治療で血管を中心に回復しつつも、
極度の疲労と眠気に襲われました。
おそらく体の悪い部分の回復で恐ろしいくらいの体力を消耗していた可能性があります。

また、体の機能改善が続くのですが、
慢性的に改善していない部分、
例えば上記で言えば背中とか胃、脾臓あたりの痛みが、
頻繁に発生して、感覚的に何か栄養素がないと、
体が回復しないような気配もしていました。
そして、その部分がにんじんジュースのゲルソン療法で徐々によくなっていきます。


ゲルソン療法で回復した項目
◯足の皮むけが4ヶ月ほどかけて止まり、改善
◯背中の痛みが改善
◯頻尿がさらに改善(2時間に1回より少なくなる)
◯顔が発覚してから進行していた頭部の脱毛がストップ
◯息切れ、立ちくらみが改善
◯歯槽膿漏改善が広域化(特に上顎)

など、ほぼ副作用なしで改善していきました。


それまで、その他にもホルミシス療法だけでは鈍かった体の回復が、
力強く、加速度的に治っていくのがわかりました。

そして、2016年頃からホルミシスグッズがなくても、
外泊で温泉や風呂に入れるようになり、
1日2日ホルミシスグッズをつけていなくても低血糖にならなくなりました。

血栓は、こめかみと咽頭部にあった血の大きなつまりが改善し、
その都度、局部がもぐらたたき式でよくなっていきました。

2017年の春くらいでしょうか、
おそらくこの頃に体の問題がほぼすべてなくなった記憶があります。

ただ、念のため現在2019年もこの二つの療法が続けており、
しばらくは継続するつもりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



要点箇条書き
◯四大ホルミシス治療場の現地取材ルポ掲載
→オーストリアのバードガスタイン、アメリカのモンタナの治療ルポは貴重
◯ホルミシスクリニック現役医師6名のインタビュー・寄稿掲載
◯現役医師4人のホルミシスルームを写真付きで公開
◯東北大学名誉教授の癌治療臨床研究掲載(坂本澄彦名誉教授)
◯全国のホルミシス治療院・連絡先一覧掲載
◯放射線ホルミシス臨床研究会のメンバーを実名公表

前回書評した、医師がすすめる低放射線ホルミシスがさらにパワーアップして帰ってきた感じがあります。

前回はどちらかといえば入門編というか概要編で、
実例が乏しく、現役の医師達も前面に出てきていませんでした。
そこが今回違うところです。
また、取材面に関しても費用をかなりかけて作られています。

特に今回の目玉はなんといっても、
ホルミシス治療の聖地、バードガスタインのルポでしょう。
日本で治療に取り組む医療スタッフとバードガスタインの治療スタッフの対談もあります。

また、実際に癌や糖尿病で苦しんでいる方に嬉しいのは、
全国のホルミシスクリニックの連絡先が掲載されていること。

自身のみで治療するのが自信がない、
医師に具体的な数値を測ってもらいながら、治療を実感したい、
という方にはもってこいの情報で、
今のご時世、このような情報はこの雑誌だけというものが多いです。

写真も前回よりかなり増えていて、
実際にホルミシスクリニックでどのような機器や
放射線発生装置が使われているかがわかります。

一時は高騰して3万円近くなっていた本誌は、
現在、だいぶ値下がりして当初の低下に近くなっていますので、
ぜひ、ご購入してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回からの続きです。
http://blog.livedoor.jp/hormesis_/archives/79346955.html

2012年の6月ごろから半信半疑で糖尿病の独学治療を、
アマゾンで購入したホルミシスストーンを買って始めました。

この頃の私のやり方はお風呂に入れた石を、
できるだけ長く水につけといて、それに入る。
というのがせいぜいでした。

ただ、これだと夕方くらいに調子が悪くなってしまいますし、
なんだかまだ弱くて体の悪化が止まっていない感じがする。
そういう感じがしました。

アマゾンで引き続き商品を探し続けました。
当時、お金が全然なかった私はどうすれば効率的にホルミシス治療をできるかを
必死に考えました。そこで、シーベルト、要は線量の高い商品を買うべきだという
考えに行き着き、でも最大で浴びれる量はいったいいくらなんだろうか、
そんなことも同時に考えました。

福島原発の放射能事故で一年間1ミリシーベルト上限がありましたが、
それはおそらくお風呂に入れるホルミシスストーンで遥かに上回っている。
当時の私には、未だにあの『はだしのゲン』のような髪が抜けたり、
肌がただれるような恐怖のイメージが消えていません。

しかし、もう死をかけています。
そこから、勇気を出して高線量の商品を買い始めます。





なけなしのお金で買えるこの二つの商品を見つけました。
このトルテックスという会社をウェブで探し出して、
親会社であるユニバース工業という青森の会社の電話番号を探し出しました。
そして電話をかけると、とても陽気な声のおじさんが出られました。
なんと、社長の中村さんが自ら対応しておりました。

「この二つの商品で線量はどれくらいですか?」
「肩パットが40マイクロシーベルトくらいで、腰巻は50くらいじゃないかなあ」

中村さんは、電話の向こうでガイガーカウンターを持ってきて、
計測しています。バリバリバリという音が聞こえます。

「私は糖尿病で初期の膵臓癌ですが聞きますかね」
「聞きますよ、気持ちいいと思いますよ」
「本当ですか?」
「本当です。実は私は東京と横浜で医療施設にこの二つの商品を納めてるんですよ」
「ええ」
「末期癌の患者さんも薬を減らして、だいぶ延命される人も多いです」

その後、中村社長と意気投合し、横浜にこられた時、
一度ご飯をご馳走になりました。

無論そのころには、トルテックスさんの商品は購入しつけていました。

私は急激に症状が回復し始めます。
ただ、苦しい時もありました。
特に、血栓らしきものが血管の中でバンと弾けて、
血行が改善するとその反動で二、三日体が以上をきたし、
寝込むこともあったり、また体の一部、特に背中に謎の痛みが発生することがありました。

あと、苦労したのはお風呂。特に自宅から離れた時、
このホルミシスグッズを少しでも体から話すと、辛くなります。
おそらくまだ体が安定期に入ってなかったのです。

そんななかで、私はもう一つ他の体にいいことをしようと考え始めてました。
それは何かと言うと、水のように安い野菜ジュースを飲み続ける、
野菜ジュースを飲みすぎて死ぬ、くらい飲むということ。
むちゃくちゃな発想ですが、これも切羽詰まって始めました。
これがのちに、ゲルソン療法につながります。

というのは、アマゾンで安い野菜ジュースを連続に買っているある日、
この本がオススメ広告メールで届けられたからです。



そうです、あの宗像先生と、野菜ジュース乱打飲みでつながったのです笑

次回に続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちょっとずっと書きたくなかったことを、
これから少しずつ書いていこうと思います。
その方が、同じく闘病している人に勇気と希望を与えるかもしれないと思ったからです。

では遡って。

◯転職失敗と震災のストレス
2009年、私は社会人の大学院に入学します。
しかし、正規の2年では卒業できず、3年後の2012年に卒業します。

それまでは、不動産ビジネスをサポートするITベンチャー企業に務めており、
朝から晩まで忙しく会社勤めしておりました。
ただ、リーマンショックのあった2008年をめどに事業は縮小。

私が受け持って行った顧客である新興不動産ディベが衰退するにしたがって、
ワンフロア300人近くいた派遣社員・契約社員が続々と解雇され、
80人前後まで部署の規模は縮小されました。

私はその中でもなんとか首を着られずに残っていましたが、
業務委託契約ということもあり、仕事量が少なくなると、
派遣社員や契約社員と違って保険・年金などもないため、
オフィスに残っていても将来の不安が人一倍募りました。

そんななか、大学院の社会人入試の話を聞きます。
大学院修士課程は、なんと申請すればほぼすべての学生が、
育英会から9万円近い奨学金が給付されます。

借金とはいえ、ほとんど無利子に近い状態で生活費を借りられるのはありがたい。
それに、大学を働いて以来ずっと
不動産ディベからITベンチャーに転職するまで休みなしで働いてきたため、
一度休みたいという思いがありました。

ところが、在学中に東日本大震災が発生。
そのまま経済はリーマンショックからさらに冷え込み、
2012年に大学院を終了した後、転職活動が難航します。

気がつけば、エントリーシート2000社くらいに出し、40以上の面接を受け、
一年以上が経とうとしていました。年齢も40近くになっていたため、
そうとうなプレッシャーを受け、貯金も削りきり、
夜になると自殺がちらつきます。
この頃、私は夜になると安いウィスキーとチョコレートをつまむようになっていました。

そして、ある時、目に蚊のようなものが飛んでいることに気がつきます。
最初はネットで検索して飛蚊症という生理現象に近い、症状だと書いてあるのを見つけ
気にしなくていいものだと放置します。

しかし、それから二ヶ月くらいで、
尿に泡が大量に発生するようになり、
しまいには血尿が連続で出るようになりました。

ある朝、私は左半身が麻痺した感じなり、
一時的な昏睡状態に陥ります。

そして病院で目覚めました。

その後、精密検査を経て、
糖尿病と初期の腎臓癌と診断されます。


ただ、私は医者だった父を癌で亡くしており、
その父の遺言、医者に癌は治せない、自分ですべての療法を試してから、
死ぬか、それから医者にかかる方がいい、というのを思い出します。

当時、私は福島の爆発で飛散する放射能に恐れ、
放射能に関する本を大量に読んでいました。
そのなかで、当時絶対信じない、と思いつつ、
「ホルミシス療法」というものが存在していることに興味を持ち、
何冊かアマゾンで本を買っておいて、読まずに置いていました。
その本が、


の二つでした。

病院から帰った後、
精神的に錯乱しながら、この2冊の本を必死に読み、
その後、アマゾンで入浴用の放射線の石を買い集めました。
当時はまだよくわかっていなかったので、この時買った商品は今では絶対買いません。

なぜなら数値が低く、効果が薄いのです。

しかしながら、それでも病気の悪化は少しずつ収まり始めました。


<(2)へ続く>
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私自身、糖尿病と初期ガンをホルミシス療法によって回復したのですが、
この手の商品は実に詐欺的商品が多いのが現状です。

では、私はどうしてそのような詐欺的商品に引っかからずに、
無駄な出費をしなかったのか、についてここでは語りたいと思います。

第1ポイント
◯放射線量の具体的な数値を出していない商品は買わない

まず最初ですが、これです。
ホルミシス系商品でこの数値を計っていないものが実に多い。
特に、アマゾンや楽天で売られているもののほぼ95パーセントはそのような商品です。



第2ポイント
◯今の自分に必要な線量を認識する

初期の私がした間違いの中であったのがこれ。
私は体の状態が非常に悪く、生死をさまようっていうと大げさですが、
血尿や低血糖が頻繁に発生した時に、ちょっと奮発して大量の放射能を浴びたことがあります。
しかしその時の反動がものすごく、3日ほど布団から出られなくなりました。

現在、私は医療系の出版社で4年ほど勤務していますが、
この分野の専門医がほとんどいない、詳しくは臨床実験を統計的にしたことがある
医師はほとんどいません。あるとしても自分の体を使った実体験くらいです。

なので、今の自分に必要な放射線量を知りながら、
それを徐々に強めていく方法をとるべきです。

放射線というのは不思議なもので、健康だと強い放射線を浴びることができます。
簡単にいえば、病人がのたうちまわる線量でも、
健康な子供は全然平気だったりするのです。

なので、その点を抑えましょう。
いかが、私の目安としているものです。
あくまでも自己責任でお試しいただきたいのですが、
苦労に苦労を重ねた私の調査が導き出しているので、かなり性格だと思われます。

◯重病期 8〜40マイクロシーベルト(直接照射 以下同)
(入浴0〜20マイクロシーベルト)

◯症状沈静化から快復期 40〜100マイクロシーベルト
(入浴20〜80マイクロシーベルト)

◯安定期 100〜250マイクロシーベルト
(入浴100マイクロシーベルト)

照射による副作用は、
◯尿の色が変わる(赤や黄色、緑系) これは数週間から半年くらいで回復します
◯眠気が強くなる これは半年程度か一年くらい回復にかかる可能性があります
◯肌の色が変わる これは一年くらい(私は人差し指や親指が白人みたくなりました)

以上です。

商品を買う時やトラブルがあった時にぜひ参考にしてください
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ついに200マイクロシーベルトのチャイナロマンさんのセラミックボールが発売。

これまで私は入浴用に100マイクロシーベルトのセラミックボール(1kg)
そして、腰に巻く用の200マイクロシーベルトのセラミックボール(400g)
を使用してきました。本当はもう少し安ければ200マイクロシーベルトの石も
お風呂にも入れたい。。。
そうずっと思ってきたわけです。

そして、やっと念願のチャイナロマン製の高線量セラミックボールがアマゾンで発売!
こちらの商品は約200マイクロシーベルトの商品。
しかもこれまでの国内価格ではありえない激安で、
しかも500gも!即ポチりました。

お風呂に入れるときは、下着などを入れる洗濯ネットを2重にして、
木の入れ物などに入れるのをオススメします。
ネットだけでも大丈夫なんですが、足で踏んづけて割れることがあるので、
あらかじめ木枠に入っていると安全です。

これで、暖ったか!よく眠れそうです。

初心者の方は六城ラジウムさんで、
40マイクロシーベルトのセラミックボールからスタートするのがオススメです!
http://www.rokujo-radium.com/html/tenpo-annai.html

肩こり、冷え性、不眠症など驚異的な効果間違いなしです!
もちろん糖尿病にも効果てきめんです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、ページビューがうなぎのぼりに上がっていて少しびっくりしています。
せんいちです。みなさま、新年明けましておめでとうございます。

私は、今現在どうしているかというと、徐々にホルミシスグッズを軽量にしていっています。
糖尿病も回復し、つけてて煩わしいものを減らしても支障がないからです。

で、今日はおそらく治療に導入されている方も増えてきているので、
私の昔話を。。。。

私はホルミシス治療のピーク時に、100マイクロシーベルトのラジウムボールを合計5キロお風呂に入れて毎日入浴していました。血管がどんどん開き、体調が良くなったものの、突如肩こりや眠気に襲われることが増えてきました。

自分で、少し経ってようやくわかったのですが、そもそも血管というものは「硬さ」に違いがあります。そのため、糖尿病によって硬化した血管も当然細くて柔らかいものからドンドン回復していきます。ということは、動脈が太かったり、硬化が激しい場所は最後に回復します。そのため、血圧のアンバランスが発生し、私の場合は目の周り(鼻の後ろ)と足の裏、背中にその「圧迫ポイント」のようなものが発生しました。

この「圧迫ポイント」。結構苦しいのです。体にも負担がかかるため、眠気や怠さも時として発生します。それで、思いついた対策が、「局部的高線量治療」です。

200マイクロシーベルトの「源憘珠EXTRA」をなけなしのお金で買い、
http://www.rokujo-radium.com/html/seramic-ball-extra.html
寝る時に、ある時は「両目の上」
またある時は、バンドで「足の裏」、「背中」に貼り付けて寝ました。

もぐらたたきみたい感じで、「圧迫ポイント」があっちいったり、こっちいったりしながら、
だいたい3ヶ月で不調な状態が解消できました。
特に目に関しては、右目の眼圧が異常に高くなるなど、結構しんどかったので、
回復した時はほっとしたものです。

以上です。

ご参考になりましたでしょうか?
では、みなさま、今年も何卒、よろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホルミシスを活用した糖尿病改善、注意点をまず一つ。
「低血糖用にホルミシスベルトを常に装着しておくこと(治療が進めば外れます)」
「体に急変があっても驚かないこと(目の充血、痺れもろもろ)」
です。ホルミシスベルトは、六城ラジウムの六城さんに電話してもらって、
100マイクロシーベルトくらいのを作ってもらうと良いでしょう。
お金も2〜3万円程度で済むはずです。腎臓(背中)にシートを入れるのが良いでしょう。

それで、ここからは我流なんですが、血管を蘇らせるのが、糖尿病改善の早道。
その裏技は実は「バイアグラ」。
もともとは心臓バイパス系の血管疾患用に作られた薬がバイアグラの大元。
私は、オオサカ堂さんという通販サイト経由でバイアグラのジェネリックを飲みながら、
ホルミシス治療をすることで、その治りを加速させました。
まあ、恥ずかしいのであまりこういうことを書きたくないのですけどね(笑)
インポは糖尿病の予備軍と言われるので、なんとなく試したら本当にうまくいきました。

最初は50mlでもきつかったので、ピルカッターで25mlにしてました。
そのうち、100mlも平気になります。ただし、いきなりはやめてください。

では、以上です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

しばらくないうちに、だいぶ放射能の治療をレベルアップしました。
そして、ある人のアドバイスを活用して新たな血管治療を追加しました。

まず、放射能の治療ですが、
現在はDr.セラのバンドを足の裏に巻きつつ、



六条ラジウムさんで腰巻バンドステンレスチューブによる入浴を行っています。100マイクロシーベルトのチューブを10本ほど入れています。

気をつけて欲しいのは、糖尿病のレベルによってこの治療法は辛い可能性があるということ。私のように薬に頼らず、ほぼもう低血糖可能性もなくて数値が安定し、根治に向けた治療をしている人間にはもう全然平気なんですがね。

六城ラジウムさんは、まずは40マイクロシーベルト敷きマットから入るのをお勧めします。
アマゾンで売られている類似品はせいぜい1マイクロシーベルト。
ほとんど効果がありません。
その点、六城ラジウムさんの氣傳効(きでんかい)というラジウムメッシュシートは激安です。

血管治療については、次回にご紹介します。
では、皆さんのご健闘を祈っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちわ。ごぶさたしております。
せんいちです。

表題の件ですが、放射能はどのようにして取り込むべきか、について今回は話したいと思います。

例えばAmazonやいろんなホルミシス系のサイトでは、天然鉱石やラドンボール、セラミックボールのような人工鉱石系まであらゆるグッズが売られています。値段も、もちろん天然系のものを筆頭に幅があります。ただ、こまったことに、これらの商品は実際に発するマイクロシーベルト等がはっきり分かる事がありません。ガイガーカウンターは非常に高値ですし、買う前にはかるのは難しい。では、これらの商品から一体何を選べばいいのでしょうか。最終的な答えは提示できませんが、私の経験から参考になるかもしれない答えを定時で来たらと思い、この記事は書いてみます。


※天然系
代表的なものは、何と言っても天然鉱石。


こちらは非常に高いです。
ただし、人工の高濃度セラミックボールより実はかなり放射能濃度は低い事が多いです。
よって、実際に難病クラスの治療となるとかなり高額の出費となる事なります。
また、私の個人的な経験としては、これらの商品はバックラッシュがおきやすい。
つまり不安定な放射能受給による、一時的な体調不良がおきやすいのです。
恐らく、放射異能以外にもいろいろと出ていることが関係しているかもしれません。
よってせんいちてきには、

「天然系の鉱石」は、趣味で使用するのにはベストですが、
難病系の回復には「疑問符」があり、「コントロール」に何がある。と考えております。もちろん、ガイガーカウンターや各種の線量をはかる機械をお持ちであれば、問題ないと言えるでしょう。

※人工鉱石系
代表的なのはセラミックボール。


こちらは、だいたい一つぶ3マイクロシーベルトだと言われています。
(ググってさまざまなサイトを見るとだいたいそのくらいだと分かります)

私の個人的な経験からですが、例えば糖尿病の治療では、次のしきい値が基準となります。

初期治療(血栓が多かったり、血管に耐久性が無い場合)
〜20マイクロシーベルト

中期治療(血流がスムーズに流れはじめ、臓器治療(腎臓)に移る行程)
20マイクロシーベルト〜100マイクロシーベルト

全快期(最終的な臓器治療、健康維持)
100マイクロシーベルト〜200マイクロシーベルト

200マイクロシーベルトという数値がさまざまなホルミシス関係本を読んだ結果のある上限値である事がわかりましたので、私はそうしています(現在は110マイクロシーベルトくらいの水を毎日朝と晩に飲んでいます)。こういう細かなしきい値調整と、体調にあわせた量の増減はなかなか天然鉱石系ではできません。よって、私は人工鉱石(数値がわかるもの)をお勧めします。

ラドン鉱石は、野菜や肉と違って、「天然、新鮮が一番」というものではありません。
「使い勝手」が大事です。


以上、今回はちょっと長文になりました〜。
が、今後もよろしくお願いします〜。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ