ひとり不動産・健康学会(書評ブログ)

不動産書籍と健康書籍の書評を書きます。

カテゴリ: ホルミシス治療



要点箇条書き
◯四大ホルミシス治療場の現地取材ルポ掲載
→オーストリアのバードガスタイン、アメリカのモンタナの治療ルポは貴重
◯ホルミシスクリニック現役医師6名のインタビュー・寄稿掲載
◯現役医師4人のホルミシスルームを写真付きで公開
◯東北大学名誉教授の癌治療臨床研究掲載(坂本澄彦名誉教授)
◯全国のホルミシス治療院・連絡先一覧掲載
◯放射線ホルミシス臨床研究会のメンバーを実名公表

前回書評した、医師がすすめる低放射線ホルミシスがさらにパワーアップして帰ってきた感じがあります。

前回はどちらかといえば入門編というか概要編で、
実例が乏しく、現役の医師達も前面に出てきていませんでした。
そこが今回違うところです。
また、取材面に関しても費用をかなりかけて作られています。

特に今回の目玉はなんといっても、
ホルミシス治療の聖地、バードガスタインのルポでしょう。
日本で治療に取り組む医療スタッフとバードガスタインの治療スタッフの対談もあります。

また、実際に癌や糖尿病で苦しんでいる方に嬉しいのは、
全国のホルミシスクリニックの連絡先が掲載されていること。

自身のみで治療するのが自信がない、
医師に具体的な数値を測ってもらいながら、治療を実感したい、
という方にはもってこいの情報で、
今のご時世、このような情報はこの雑誌だけというものが多いです。

写真も前回よりかなり増えていて、
実際にホルミシスクリニックでどのような機器や
放射線発生装置が使われているかがわかります。

一時は高騰して3万円近くなっていた本誌は、
現在、だいぶ値下がりして当初の低下に近くなっていますので、
ぜひ、ご購入してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



私の命を救ってくれた本の中でも、
初期にお世話なった代表作。

要点箇条書き
◯本物の医師が複数名登場し、効果を実証
◯関東近辺でもホルミシス治療が受けられることがわかる
◯ホルミシス治療がずっと昔からあったこともわかる
◯ホルミシス治療の全体像がわかる


この本に関しては、この箇条書きで内容面はほとんどです。
で、私は自分の体験したことの一部を書いておきたい。

私は東日本大震災の直後、放射能が強くなり、
マスクを常につけ、雨の日は外に出ないようになりました。
当時、かなり多くの人がそうだったと思います。

それから、一年ほど立って体調が悪くなり、
自分が重病で相当重い治療を受けないとダメである。
しかも大概の場合、それで治らないことの方が多い。

そう知った時、私は自分の父であり医者であった人の最後の言葉、
「病院に行くな、病院に行ったら殺される」
という言葉を思い出しました。

絶対、自分で考えて考え抜いて、
そして判断して、ダメなら自殺でいい。
そういう覚悟ができました。

その時にひょんなことからこの本を知ったのです。
実はこれを出版した会社と自分は取引があり、
変わった本を出すけど、芯の通った会社だった印象が、
当時は気持ち悪くて恐怖でしかないこの本を読む勇気を、
与えて後押ししてくれたのもあります。

本書は、東日本大震災より前に作られたのなので、
当然、放射能を怖がる人向けには書かれていません。
そのなんだか変なはつらつとしたところも、
徐々に心がほぐれて信用に向かういい手助けとなりました。

今では高騰してしまい、ちょっと買いづらい値段になっています。
でも、もし私のこの当時の気持ちがわかる方がいたら、
ぜひ、手に取ってみてもらいたいものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は宗像久男という人について語りたいと思います。

要点箇条書き
◯癌は結核と同じく、栄養欠便症(カリウム欠便症)
◯抗がん剤で癌は治らないと国立がんセンターが認めた
◯にんじんジュースにより血中カリウム値をあげるだけで癌が消滅

宗像久男という人は、福島出身で、
もともとは早稲田大学政治経済学部を卒業して、
サプリメントの輸入事業を展開した方である。

40歳直前になって、一生をかけて何かを追求する必要性を感じ、
なんと代ゼミに入って医学部受験を目指す。

その後、お金がないこともあり、私立大学は受験せず
長崎大学医学部入学、栄養学に準じた医学を学ぶ。
れっきとした医師である。

下記のビデオでは実際に彼が、
にんじんジュースを1時間に一杯ずつ飲ませる
ゲルソン療法で回復させた子宮がんの女性が登場する。
動画の中では女性のCTスキャンと、癌告知後の激やせから
回復するまでの経過が資料付きで公表されている。


そんな彼が多くの癌患者の回復を経て書いた本がこちら。




宗像氏はなぜ、このゲルソン療法に行き着き、
癌患者を回復させることができたのか。をまとめてみる。

◯癌患者に共通するのは35度前後の低体温症、血中カリウム欠便症
◯蛍光塗料を塗ったブドウ糖の反応で計測するPET検査により
 逆に癌の餌はブドウ糖であることバレる
◯ゲルソン療法に着目。現代風にアレンジし、体を温めることを加える

そもそもDrゲルソンは、結核を100%回復させることを可能にした人で、
その原因をカリウム不足、つまりは栄養不足の一種であると突き詰めた人である。

ただ、ゲルソン氏は同じ方法で癌患者を治療し、
治療率は50%だった。

そして、近年開発された癌血液診断の標準であるPET。
蛍光塗料をブドウ糖に着色し、それが癌の幹部に行き届くと光ることで、
判別する検査方法だが、これによってブドウ糖が癌の原因であると
いうことがわかる(表面的には知られてないが確かに医療業界では常識)。

このゲルソン療法+ブドウ糖原因説の二つを結びつけたのが
宗像久男氏ということである。

つまり「甘いものをやめて」「体を冷やさず」「にんじんジュースをガンガン飲む」
という三つのことをするだけで、宗像氏ほぼ全ての癌患者を直してきたのだ。

ただ、ここで疑念に湧くのは、「にんじんジュースの糖分は大丈夫か?」である。
これは私も試してみたが「大丈夫だった」のである。

理由を宗像氏の著書・YouTubeで公開されている動画に見ると、
「高熱処理されていない糖分はブドウ糖に変わりにくい」
「カリウム値が高ければ、癌は悪化しにくい」
の、2点であることがわかる。

そして、この療法は糖尿病にも効果があった。


で、肝心の私のとっている治療法だが、
宗像氏の動画の通り、天然のにんじんを高級ジューサーで絞って飲むと、
コストオーバーだし、時間も手間もかかる。

ので、私は下記のアマゾン最安の伊藤園のにんじんジュースを
4年ほど水代わりのガンガン飲んでいます。



市販のにんじんジュースは「濃縮還元」ベースのものが多く、
限りなく高温加熱処理をしていますが、
この伊藤園のにんじんジュースは、その度合いが低い、
ナチュラルスイート製法を採用している。

これを一週間に妻と1ケースほど飲んでます。
飲み始めて1ヶ月ほどで効果が出てくるけど、、、、、


顔や肌がカロチンでオレンジ色になるので、
その部分は、どうか耐えてください(体に問題はありません)

今日は以上!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちょっとずっと書きたくなかったことを、
これから少しずつ書いていこうと思います。
その方が、同じく闘病している人に勇気と希望を与えるかもしれないと思ったからです。

では遡って。

◯転職失敗と震災のストレス
2009年、私は社会人の大学院に入学します。
しかし、正規の2年では卒業できず、3年後の2012年に卒業します。

それまでは、不動産ビジネスをサポートするITベンチャー企業に務めており、
朝から晩まで忙しく会社勤めしておりました。
ただ、リーマンショックのあった2008年をめどに事業は縮小。

私が受け持って行った顧客である新興不動産ディベが衰退するにしたがって、
ワンフロア300人近くいた派遣社員・契約社員が続々と解雇され、
80人前後まで部署の規模は縮小されました。

私はその中でもなんとか首を着られずに残っていましたが、
業務委託契約ということもあり、仕事量が少なくなると、
派遣社員や契約社員と違って保険・年金などもないため、
オフィスに残っていても将来の不安が人一倍募りました。

そんななか、大学院の社会人入試の話を聞きます。
大学院修士課程は、なんと申請すればほぼすべての学生が、
育英会から9万円近い奨学金が給付されます。

借金とはいえ、ほとんど無利子に近い状態で生活費を借りられるのはありがたい。
それに、大学を働いて以来ずっと
不動産ディベからITベンチャーに転職するまで休みなしで働いてきたため、
一度休みたいという思いがありました。

ところが、在学中に東日本大震災が発生。
そのまま経済はリーマンショックからさらに冷え込み、
2012年に大学院を終了した後、転職活動が難航します。

気がつけば、エントリーシート2000社くらいに出し、40以上の面接を受け、
一年以上が経とうとしていました。年齢も40近くになっていたため、
そうとうなプレッシャーを受け、貯金も削りきり、
夜になると自殺がちらつきます。
この頃、私は夜になると安いウィスキーとチョコレートをつまむようになっていました。

そして、ある時、目に蚊のようなものが飛んでいることに気がつきます。
最初はネットで検索して飛蚊症という生理現象に近い、症状だと書いてあるのを見つけ
気にしなくていいものだと放置します。

しかし、それから二ヶ月くらいで、
尿に泡が大量に発生するようになり、
しまいには血尿が連続で出るようになりました。

ある朝、私は左半身が麻痺した感じなり、
一時的な昏睡状態に陥ります。

そして病院で目覚めました。

その後、精密検査を経て、
糖尿病と初期の腎臓癌と診断されます。


ただ、私は医者だった父を癌で亡くしており、
その父の遺言、医者に癌は治せない、自分ですべての療法を試してから、
死ぬか、それから医者にかかる方がいい、というのを思い出します。

当時、私は福島の爆発で飛散する放射能に恐れ、
放射能に関する本を大量に読んでいました。
そのなかで、当時絶対信じない、と思いつつ、
「ホルミシス療法」というものが存在していることに興味を持ち、
何冊かアマゾンで本を買っておいて、読まずに置いていました。
その本が、


の二つでした。

病院から帰った後、
精神的に錯乱しながら、この2冊の本を必死に読み、
その後、アマゾンで入浴用の放射線の石を買い集めました。
当時はまだよくわかっていなかったので、この時買った商品は今では絶対買いません。

なぜなら数値が低く、効果が薄いのです。

しかしながら、それでも病気の悪化は少しずつ収まり始めました。


<(2)へ続く>
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私自身、糖尿病と初期ガンをホルミシス療法によって回復したのですが、
この手の商品は実に詐欺的商品が多いのが現状です。

では、私はどうしてそのような詐欺的商品に引っかからずに、
無駄な出費をしなかったのか、についてここでは語りたいと思います。

第1ポイント
◯放射線量の具体的な数値を出していない商品は買わない

まず最初ですが、これです。
ホルミシス系商品でこの数値を計っていないものが実に多い。
特に、アマゾンや楽天で売られているもののほぼ95パーセントはそのような商品です。



第2ポイント
◯今の自分に必要な線量を認識する

初期の私がした間違いの中であったのがこれ。
私は体の状態が非常に悪く、生死をさまようっていうと大げさですが、
血尿や低血糖が頻繁に発生した時に、ちょっと奮発して大量の放射能を浴びたことがあります。
しかしその時の反動がものすごく、3日ほど布団から出られなくなりました。

現在、私は医療系の出版社で4年ほど勤務していますが、
この分野の専門医がほとんどいない、詳しくは臨床実験を統計的にしたことがある
医師はほとんどいません。あるとしても自分の体を使った実体験くらいです。

なので、今の自分に必要な放射線量を知りながら、
それを徐々に強めていく方法をとるべきです。

放射線というのは不思議なもので、健康だと強い放射線を浴びることができます。
簡単にいえば、病人がのたうちまわる線量でも、
健康な子供は全然平気だったりするのです。

なので、その点を抑えましょう。
いかが、私の目安としているものです。
あくまでも自己責任でお試しいただきたいのですが、
苦労に苦労を重ねた私の調査が導き出しているので、かなり性格だと思われます。

◯重病期 8〜40マイクロシーベルト(直接照射 以下同)
(入浴0〜20マイクロシーベルト)

◯症状沈静化から快復期 40〜100マイクロシーベルト
(入浴20〜80マイクロシーベルト)

◯安定期 100〜250マイクロシーベルト
(入浴100マイクロシーベルト)

照射による副作用は、
◯尿の色が変わる(赤や黄色、緑系) これは数週間から半年くらいで回復します
◯眠気が強くなる これは半年程度か一年くらい回復にかかる可能性があります
◯肌の色が変わる これは一年くらい(私は人差し指や親指が白人みたくなりました)

以上です。

商品を買う時やトラブルがあった時にぜひ参考にしてください
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ