◯不動産仲介業者と長く付き合う、ということがわかる
◯世間の悪評に仲介業者が自ら答える
◯仲介業者は信用できない、を仲介業者ととことん考える


先日、かなりチャレンジングな番組が
不動産投資サイト「楽待」にて公開された。

本書の著者である新川氏が、5つの物件を持ち込み、
6名の有名不動産投資家に提示して公開買付けをするという試みだ。
1日目はスタジオ収録で5つの物件を2つに絞る



2日目は実際に物件を見に行くというもの


無事に公開買付けが入ったものは、
モザイク無しで動画放送されるという、
不動産投資家と仲介業者のインサイドワークを、
タブーを無視して公開。

これは相当な仲介業者の力がないとできないことだとわかる。


で、感じで本書の話題に戻る。

同書は「クリスティ」「富士企画」という
いわゆる「正直不動産」スタイルで、
反響営業のみを行う「売らない営業」を確立した、
新川氏の最新刊である。

今回のテーマは、彼と有名大家の馴れ初めと、
その長期的な共同作業である。

中でも、楽待の大御所不動産投資家、
中島亮さんとのエピソードなど、盛りだくさん。
1501119418k1


もちろん、彼も不動産業者であるので、
全部を全部信じてはいけないが、
それでもあえて彼の主張を羅列してみる。

◯融資は購入が確定的でも銀行に迷惑が掛かりそうならキャンセルするべき
◯仲介業者と親しくなければ「瑕疵担保保証」などの交渉は難航する
◯仲介業者が投資家の性格が不動産業に向いてなければ、撤退を促すべき

これらは、14人の投資家たちとの会話で
語られるいわゆる新川式の仲介特性だと言える。

ただ、最近はかなり権威性が増してきているので、
同社は「気に入った顧客しか相手にしない」という感じなっている。

そして、私の懸念としては、
今後、この「新川式『正直不動産』仲介」のやり方で、
詐欺業者も続出するのではないかということである。

現に、ちらほらそのような噂を聞く。
市況が悪くなってきているので、
不動産業者も立ち位置を変化させて顧客に近づかなければならない。

よって、本書をストレートに読むというよりは、
これからの仲介業者のマインドを読み解くという意味で、
「半分面白がりながら」読むことをオススメする。