◯シングルマザーの投資本
◯読者は100%女性目線
◯詳しい投資内容には触れられていない
◯IPO株と不動産投資(3億1棟マンション×2)
◯低学歴(短大卒)英語翻訳家になるまでの経緯も書かれている


著者の星野陽子さんは、
不動産投資家を紹介する某ラジオで初めて知りました。
mig


20代でイスラエル人と結婚し、
2児を出産直後に離婚。

年収100万円からフリーの英語翻訳家として、
スタートして、6億の不動産投資家になるまでの経緯が書かれています。

<内容の流れ>
◯主婦という名の奴隷への目覚め
1 夫が金持ちでも簡単に金をもらえる訳ではない
2 夫に払ってもらうことで肩身が狭くなり、いよいよ卑屈になる
3 経済的な理由で離婚できない
4 夫が女性に寛容でも子供を生むと結局、家父長制度化

◯低所得・低学歴のシングルマザー投資法
1 在宅ブラック仕事で回せる仕事を選ぶ(子育て両立)
2 株と不動産の勉強
3 株は50万円たまったらスタート
4 440万円の区分マンションで不動産投資スタート
5 融資付けのためにメンターを探す
6 3億円の融資でRCマンション購入(この本のゴール)

という流れになっています。
おそらくですが、星野陽子さんのメンターは
生方大さんだと思われます。
_Qo1j--n



この本のほぼ9割は、
貧困にあえぐ女性への教育
つまりは「幸せな結婚」に騙されて、
結果的に男社会に搾取された女性を、
解放することに割かれています。

彼女は自ら悟っていなさそうですが、
どう考えも「女性の貧困」は「男社会」が望んでいる状態です。

それに対して「お金の勉強」と「子育てのメンタリティ」で、
突破しようというのが、目的だと言えます。

ただ、彼女のすごいところは、
◯融資付けには男を使う
◯貧困なのに子供を金持ちの夫から引き剥がす(精子バンク)
という、女の最大の特権を使った
戦い方をしているところ。

弱者は躊躇せず、自らの条件を使い倒すべきだと、
「上品な言葉」で解説しています。


この「女神風特攻隊」とも呼べる
星野陽子さんの半生を見ていると、
「シングルマザー」こそが最強の投資家予備軍たり得る感じがしてきます。