◯しょっちゅうクビになる社員が多かったが今回は安定
◯物語のスタイルが安定してくる
◯第3巻に注ぐ、一般人のメリットが高い巻

扱われている内容
◯AD物件(手数料・広告費両取り)
◯中抜き(フルコミッション関連)
◯フルコミッション(売れない営業バージョン)
◯トリプル両手
◯再建築不可(旗竿地)
◯共同名義(離婚)


コラム
◯大島てる(事故物件サイト運営)VS夏原武(本作原作者)対談


本巻は一言で言えば、
第3巻に注ぐ、一般読者のニーズに答えた巻となる。

特に、共同名義と再建築不可は近しい内容だ。

相場より値崩れした不動産物件の主要な出処は、
「相続」と「離婚」。

特に区分マンション、戸建ての投げ売りは、
「離婚」の方が緊急性が高く、値下げ幅も大きい傾向にある。

共同名義は、ローンを組む時に有効であるが、
その後のリスクについては端的な説明しかされない。

だが、本巻は具体的なモデルケース、
しかも汎用性が高いケースを採用。
これ一話で今後の対策ができるものだ。


また、一般人が投資を初めて考える時、
今は「築古戸建」をオススメされるケースが多い。
現在の最大の投資のブームはこれだからだ。

そして「再建築不可」の物件を安さにカマかけて
非常に多くの初心者が購入している。
業者・プロと初心者の対応ギャップがあるのが、
この「再建築不可」であるといえよう。

この「再建築不可」に対して、
果たしてこの漫画はどんな態度をとるのか。
これはぜひ確認しておいた方がいいだろう。